宗像市コロナ感染の30代女性会社員は誰で職場や病院はどこ?行動歴や感染経路は?

3月19日、福岡県宗像市に実家がある30代女性会社員が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

女性は海外勤務の仕事で、イタリアから実家に帰省していたようです。

イタリアは新型コロナウイルスの感染拡大が続いているヨーロッパでも一番状況は深刻で、感染者数は4万人を超え、死者数は3400人を超えています。

死者数は中国を上回って、世界で最も多くなってしまいました。

ここ数日で海外から帰国してきた方の感染が相次いでいますが、今回も同様のケースとなってしまいました・・・。

「宗像市コロナ感染の30代女性会社員は誰で職場や病院はどこ?行動歴や感染経路は?」と題し、詳細を確認していきます。

福岡県宗像市の30代女性会社員が新型コロナウイルスに感染!行動歴や感染経路は?

3月19日、福岡県宗像市に実家がある30代女性会社員が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

報道によると、行動歴や感染経路について、

  • 3月上旬 イタリア滞在
  • 3月15日 咳の症状
  • 3月16日 イタリア・ローマから帰国
  • 3月18日 帰国者・接触者外来を受診
  • 3月19日 新型コロナウイルス陽性

とのこと。

3月15日に軽い咳の症状が出てからは、常にマスクを着用されていたようです。

3月16日のイタリア・ローマからの帰国時は、成田九講に到着後、リムジンバスで羽田空港へ。

3月18日に感染が確認された松山市の30代女性と同じ便とバスを利用し福岡空港まで移動。

福岡空港からは家族の自家用車で宗像市内の実家まで帰宅されたとのことです。

具体的にどの便を利用したかについては発表されていないようですが、もしこのルートを利用されていた方は、ご自身の体調の変化にご注意ください。

現在女性は軽い咳が続いているものの発熱などはなく、症状は安定しているようです。

念のため県内の指定医療機関に入院中とのこと。

このまま回復に向かわれると良いですね。

濃厚接触者は実家の両親2名とされていて、PCR検査を行うとのことですが、その他にも濃厚接触者がいないか徹底的に調査して欲しいですね。

福岡県宗像市の30代女性会社員は誰で職場はどこ?

今回感染が確認された宗像市の30代女性会社員について、現時点で判明している情報をまとめます。

名前:不明
年齢:30代
住所:福岡県宗像市
職業:会社員

居住地は「福岡県宗像市」であることが発表されています。

これ以上の情報は風評被害や個人情報の観点から発表されることはなさそうですね。

宗像市は福岡市と北九州市の中間に位置していて交通の便が良いため、人口が増加している地域のようです。

すでに10万人近くの人口であることから、今後の感染拡大が心配ですね。

女性の職業や会社については、現時点では発表されていません。

普段は海外勤務をされているとのことですので、日本国内に職場はないことから、発表されることはなさそうですね。

福岡県宗像市の30代女性会社員の入院先の病院はどこ?

今回感染が確認された宗像市の30代女性会社員の入院先の病院はどこでしょうか?

報道によると、現在は県内の指定医療機関に入院されているとのこと。

福岡県内の感染症指定医療機関について、詳しくはこちらの記事にまとめましたが、

  • 独立行政法人国立病院機構 福岡東医療センター
  • 独立行政法人国立病院機構 九州医療センター
  • 福岡赤十字病院
  • 田川市立病院
  • 聖マリア病院
  • 筑後市立病院
  • 福岡大学筑紫病院
  • 医療法人徳洲会 福岡徳洲会病院
  • 福岡市民病院
  • 北九州市立医療センター
  • 独立行政法人 国立病院機構大牟田病院
  • 社会医療法人天神会 新古賀病院

このうちのどれかの病院に入院していると思われます。

まとめ

「宗像市コロナ感染の30代女性会社員は誰で職場や病院はどこ?行動歴や感染経路は?」と題し、詳細を確認していきました。

今回感染が確認された女性は、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻なイタリアから帰国されたとのことで、感染していてもまったく不思議ではないですね。

ここ数日は海外から帰国された方の感染が相次いで確認されていますので、今後日本政府は入国者に対し厳しく制限していくのでしょうか。