八戸市コロナ感染30代女性は誰?東京在住で青森に帰省!行動歴や感染経路は?

東京在住の30代女性が、帰省先の青森県八戸市で新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

現在、東京在住の方が帰省先で感染が確認されるケースが相次いでいます。

東京都で「首都封鎖」の可能性があることから、その前に駆け込み帰省のような現象が発生しているようなのですが、今回のように東京から地方に感染が拡大することが懸念されていますね。

感染者拡大が深刻なイタリアでも、ロックダウン(都市封鎖)したことで、都市在住の方が地方へ避難したことにより、イタリア全土で感染が広がった可能性が指摘されているようです。

日本国内ではまだ感染者が確認されていない、鳥取や島根が避難先として人気だそうです。

このようなことが続けば、本当に日本全国に感染者が急増してしまいますね・・・。

今回は「八戸市コロナ感染30代女性は誰?東京在住で青森に帰省!行動歴や感染経路は?」と題し、詳細を確認していきます。

東京在住の30代女性が帰省先の青森県八戸市で新型コロナウイルスに感染!行動歴や感染経路は?

東京在住の30代女性が、帰省先の青森県八戸市で新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

報道によると行動歴や症状経緯について、

  • 3月23日 発熱やせきの症状
  • 3月25日 青森県八戸市に帰省
  • 3月27日 感染症指定医療機関を受診
  • 3月28日 新型コロナウイルス陽性

とのこと。

3月25日に東京から八戸市に移動ルートとしては、

  • 午後7時20分東京駅発の「はやぶさ43号」
  • 座席は6号車の12番A席
  • 八戸駅からはタクシーで実家へ移動

とのことです。

現在女性は入院しているとのことですが、症状は重症ではなく容体は安定しているようです。

ネット上では、発症後に帰省していることに対して批判の声が多数上がっているようです。

確かに、帰省したい気持ちも理解できるのですが、他の方や実家に帰省されているとのことで自分の親族にも迷惑をかけることになりますので、この時期であれば体調不良を感じたら自宅待機をするべきだったと思います。

青森県八戸市の30代女性は誰でどこ住み?

今回感染が確認された東京都内在住で八戸市に帰省していた30代女性について、現時点で判明している情報をまとめます。

名前:不明
年齢:30代
居住地住所:東京都内
帰省先住所:青森県八戸市
職業:不明

現在感染拡大が深刻な東京都に夫と2人でお住まいだったようです。

体調を崩してから八戸市内に住む母親のところへ帰省されたようですね。

濃厚接触者は夫と母親の2人と見られているようです。

職業は発表されていませんので、無職であるか、もしくは不特定多数の方に接触するようなお仕事ではなかったのかもしれませんね。

八戸市コロナ感染30代女性は誰?東京在住で青森に帰省!行動歴や感染経路は?ネットの反応

八戸市コロナ感染30代女性は誰?東京在住で青森に帰省!行動歴や感染経路は?まとめ

「八戸市コロナ感染30代女性は誰?東京在住で青森に帰省!行動歴や感染経路は?」と題し、詳細を確認していきました。

冒頭に述べたとおり、東京含め都市間の人の移動で、全国に感染が拡大するリスクが増えそうですね。

特に地方には高齢者が大多数を占める地域があったり、医療機関が少ない地域があったりするので、そこでクラスターなどが発生すると、かなり危険な状態になってしまいます。

今は自宅でじっとしていることが一番の感染拡大予防として重要かもしれませんね。

安倍総理は昨日の会見でまだ「瀬戸際」と説明していましたが、いつまで「瀬戸際」を主張されるのでしょうか。

一刻も早く緊急事態宣言を出すなり感染拡大の予防措置を取って欲しいですね。