新型コロナウイルスの感染拡大が世界中で深刻化していますね。

日本も例外ではなく、1日の感染者数が200人を超えるなど、感染拡大のスピードが急増しています。

そんななか、2011年に公開された映画『コンテイジョン』が、「まるで予言」「今の状況とそっくり」などとネットやSNSで話題となっています。

映画『コンテイジョン』とはどのような作品なのでしょうか?

現在の新型コロナウイルスの状況を踏まえながら内容を確認していきたいと思います。

「映画『コンテイジョン』が「まるで新型コロナウイルスを予言」と話題!」と題し、現在の新型コロナウイルスの状況を踏まえながら内容を確認していきたいと思います。

映画『コンテイジョン』の概要

ではまず、映画『コンテイジョン』の概要を簡単にご紹介します。

こちらが予告編の動画とあらすじですね。

香港出張からアメリカに帰国したベスは体調を崩し、2日後に亡くなる。時を同じくして、香港で青年が、ロンドンでモデル、東京ではビジネスマンが突然倒れる。謎のウイルス感染が発生したのだ。新型ウイルスは、驚異的な速度で全世界に広がっていった。
米国疾病対策センター(CDC)は危険を承知で感染地区にドクターを送り込み、世界保健機関(WHO)はウイルスの起源を突き止めようとする。だが、ある過激なジャーナリストが、政府は事態の真相とワクチンを隠しているとブログで主張し、人々の恐怖を煽る。その恐怖はウイルスより急速に感染し、人々はパニックに陥り、社会は崩壊していく。国家が、医師が、そして家族を守るごく普通の人々が選んだ決断とは──?

 

予告編PVを見ているだけで、心臓がバクバクしてきますね。

「ドアノブ」「ボタン」「他人に振れる・・・」

今でもめちゃくちゃ注意しないといけない行動ばかりですね。

映画『コンテイジョン』が「まるで新型コロナウイルスを予言」と話題!

予告編PVやあらすじを見ればわかると思いますが、映画『コンテイジョン』は、アメリカのスリラー映画で、新型コロナウイルスよりも高い致死率をもった感染症の脅威とパニックを描いた作品です。

具体的にはどのようなシーンが新型コロナウイルスの予言と呼ばれているのでしょうか?

ウイルスの発生源は香港で世界各国へ拡散

映画『コンテイジョン』では、致死率20%を超えるウイルスが香港で発生します。

そしてその後、急激なスピードで世界へと拡散されます。

新型コロナウイルスでは中国武漢で発生し、たちまち全世界へ拡散されました。

中国は「アメリカが発生源の疑い」などの見解を示し、アメリカとケンカが勃発していますが、世界の見解は武漢が発生源ではないでしょうか。

主要都市の封鎖

映画の中では、ウイルスが世界中に急激に拡散されたことで、アメリカのシカゴは封鎖されます。

実際に、新型コロナウイルスでは武漢を始めとし、イタリアなど世界各地で都市が封鎖されています。

そして、日本でも東京都による「首都封鎖」が現実味を帯びてきていますね。

都市封鎖などは映画やドラマの中だけの話だと思っていましたが、実際にそうなるとは思っても見ませんでした。

スーパーの食料品や日用品の買い占め

映画の中では、人々はウイルスよりもまずウイルスへの恐怖にとりつかれ、スーパーの食料品や日用品を買い占めます。

これは、今まさに日本でも見られる現象ですよね。

食料品やティッシュペーパー、トイレットペーパーなどの紙製品、マスクや消毒液からありとあらゆるものがスーパーからなくなりましたね。

一度でも「免疫力を高める」「感染症予防に良い」などとテレビで報じられた商品は、翌日から品薄や売り切れが続出する状態。

現実世界でもかなり同じようなことが起きていますね。

学校休校や医療崩壊

学校の一斉休校も、あくまでも要請ではありますが日本でも行われましたね。

また、映画の中では、看護師などの医療関係者が感染を恐れ職場を放棄したことで医療崩壊が起きます。

現在の日本では院内感染が発生し、かなり近い状況にまで来ている地域もあるかもしれません。

実際に「このまま感染拡大が続けば、医療崩壊になるのでは?」という声もネットでは多数上がっています。

インターネットやメディアのデマ拡散や公的機関への不信感

映画のなかではインターネット上のデマを信じ暴動が起きたり、政府による限定的な情報公開に不信感を抱いた国民による暴動が描かれています。

最終的には警察による治安維持も難しくなっていきます。

日本国内でもデマはありましたね。

「トイレットペーパーの買い占めが起きる」「新型コロナにはアルコールは効かない」など、様々なデマがネット上で溢れかえり、厚労省がデマの注意喚起をする事態にも発展しました。

また一方で、日本政府による初動対応の遅さや、オリンピック開催優先の姿勢、中国への忖度などがネット上でも話題となり、安倍政権に対する国民の不信感も相当のものだと思います。

この辺りもかなり現実に起こっていますよね。

映画『コンテイジョン』は「ウイルスハンター」イアン・リプキン医師が医療監修!

映画の中では、「手で顔を触らないで」や「パニックはウイルスより深刻だ。暴動の引き金になる」などのセリフがあり、かなり実用的、現実的な視点が取り入れられています。

それもそのはず、この映画では、世界でもっとも有名とされる感染症専門家で「ウイルスハンター」の異名を持つイアン・リプキン医師という方が医療監修に協力しているからですね。

だからこそ、「まるで新型コロナウイルスを予言」と話題になるほどの作品が作られたのだと思います。

ちなみに、「ウイルスハンター」の異名を持つイアン・リプキン医師も、最近新型コロナウイルスに感染したことを発表し、世界中で話題となっているようです。

あわせて読みたい

映画『コンテイジョン』が「まるで新型コロナウイルスを予言」と話題!まとめ

「映画『コンテイジョン』が「まるで新型コロナウイルスを予言」と話題!」と題し、現在の新型コロナウイルスの状況を踏まえながら内容を確認してみました。

かなり現在の新型コロナウイルスの状況と酷似してますよね。

世界的に有名な感染症専門家イアン・リプキン医師が監修したことにより、より現実的な内容で作られたのだと思いますが、それにしても誰もこのような状況が本当に来るとは思っていなかったのではないでしょうか。

今だからこそ、この映画から感じるものがあるかもしれませんね。