県立広島大学コロナ感染の20代女子大生は誰でどこ住み?欧州旅行に卒業式参加で炎上
qimono @ Pixabay

広島県の県立広島大に通う福岡県筑後市在住の20代女子大生が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

女子学生は欧州に卒業旅行に行っており、帰国後に症状があったにもかかわらず卒業式に出席していたようです。

大学側は1月以降に全学生に海外旅行を自粛するように求めたいたそう。

この報道を受けて、ネットでは海外旅行へ行ったことや、症状発症後に卒業式に参加したことに対する批判で炎上しています。

海外への卒業旅行は一生に一度しかできないかもしれないので、気持ちは良く分かるのですが・・・。

「県立広島大学コロナ感染の20代女子大生は誰でどこ住み?欧州旅行に卒業式参加で炎上」と題し、詳細を確認していきます。

県立広島大学の20代女子大生が欧州旅行で発症後に卒業式に参加!

広島県の県立広島大に通う福岡県筑後市在住の20代女子大生が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

報道や県立広島大学のホームーページによると、

  • 3月5日~13日 欧州旅行(イギリス・フランス・スペイン・ドイツ)
  • 3月14日 成田空港経由で福岡空港に到着、自家用車で委託
  • 3月19日 のどの痛み
  • 3月21日 自家用車で山口県下関市の実家に帰省
  • 3月22日 鼻水などの症状
  • 3月22日~23日 広島市に滞在
  • 3月23日 美容施設を利用、本学の学位記授与式(広島キャンパス)出席、下関市の実家に帰省
  • 3月26日 福岡県筑後市の自宅に帰宅、福岡県内の医療機関を受診
  • 3月27日 帰国者・接触者の外来を受診、肺炎の疑い
  • 3月28日 新型コロナウイルス陽性、福岡県内の感染症指定医療機関に入院

とのこと。

県立広島大学では全体の卒業式は中止とし、学科別に小規模で卒業式を実施されていたようです。

会場となる講義室の窓は開放され、マスク着用を義務づけた上で15分程度行われていたとのことで、大学側がかなり安全に配慮して卒業式を執り行ったことがわかりますね。

濃厚接触者として、

  • 家族3人
  • 美容院の従業員

のウイルス検査を実施したようですが、みなんさん陰性だったようです。

本当に感染してなくて良かったですね。

卒業式前日には市内のホテルに宿泊しており、卒業式も参加はしていますが、県は濃厚接触者はいないと見ているようです。

この行動歴を見ると、結果的にかなりいろいろな方に迷惑をかけたことがわかりますね。

そもそも大学側から自粛を求められているにも関わらず、欧州旅行に行っており、しかもイギリス・フランス・スペイン・ドイツなど、どの国も新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な国ですよね。

海外への卒業旅行となると、一生に一度しか経験できないかもしれないので、行きたい気持ちはとてもよく理解できるのですが、この時期にはなんとか自粛して欲しかったですよね・・・。

県立広島大学コロナ感染の20代女子大生は誰でどこ住み?

今回感染が確認された県立広島大学コロナ感染の20代女子大生について、現時点で判明している情報をまとめます。

名前:不明:
年齢:20代
自宅住所:福岡県筑後市
実家住所:山口県下関市
職業:大学卒業生

女性は福岡県筑後市に住んでいたようです。

実家は山口県下関市にあるようで、県立広島大学の卒業式出席のために帰省していたようですね。

県立広島大学の卒業生とのことで、4月からの社会人生活のために福岡県筑後市に引っ越しをしたのかもしれませんね。

せっかく大学を卒業し、新しい生活が始まる直前だったというのに、このような状況になってしまって本当に気の毒だと思います。

ただし、この女子学生以外にも同じような状況の方は山ほどいらっしゃいますし、実際に卒業式がなくなって辛い思いで自粛している方もいらっしゃいますよね。

他の方のことも考えて行動してもらいたかったですね。

県立広島大学コロナ感染の20代女子大生が欧州旅行に卒業式参加でネットの反応は?

県立広島大学の20代女子大生が欧州旅行で発症後に卒業式に参加!

「県立広島大学コロナ感染の20代女子大生は誰でどこ住み?欧州旅行に卒業式参加で炎上」と題し、詳細を確認していきました。

ネットでも多数声が上がっていましたが、今回の新型コロナウイルスは他の人の命にも関わってくる問題です。

一生に一度の大学の卒業旅行や卒業式であることから、自粛しないといけないことはとても気の毒だと思います。

ただ、自粛しなくても結果的にこのように周りに迷惑をかけることになってしまうと、この女性にとってはかなりつらい思い出になってしまったのではないでしょうか。

自分も含め、今回の報道を知った方が、ますます危機感や責任感をもった行動を意識しないといけないですね。